岩波少年文庫

岩波少年文庫

おはようございます。

私は、この各出版社からでている、少年少女文庫の類がとても好きなのですが、岩波少年文庫って背の色を見るだけで惹かれたりします。
なんでかな(笑)
少し大きめのお子さんだけでなく、大人の方にもオススメです。今日は私も読んだ本だけど、おひさまゆうびん舎にもある本の中から。

岩波少年文庫から。

「元気なモファットきょうだい」
エレナー・エスティス 作

「エミールはいたずらっ子」
アスリッド・リンドグレーン 作



どちらも、子供らしさと、家族の温かさをしみじみと感じながら、あははは!って笑えちゃうようなお話。

私はこういうお話が大好きです。

エスティスは「百まいのドレス」の、リンドグレーンは「長靴下のピッピ」の作者。
素敵な作品をたくさん書かれてますね。

ピッピはわたしの憧れでもあります。
中々ピッピのようにはなれないのですが、、。

ぜひ、手にとってみてくださいね。

本日もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

わあ

全然お便りお返事とか書けずにいるのに、すみません。Twitter見てくださったんですね。
色々ありがとうございます。
あのラムネ、やっぱり以前めちゃ感動したのと同じでした!ありがとうございます。大事に頂きます( ´ ▽ ` )
  • #1132 おひさまゆうびん舎 
  • URL 
  • 2017.02/12 17:39 
  •  ▲EntryTop 

昨夜から

私も気持ちがいっぱいで、コメント欄には書ききれそうにないので、嬉しくて お手紙 書いています。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索