最近の読書のお話。

最近の読書のお話。

おはようございます。

最近の私の読書のお話。
2月から3月半ばまであまり本が読めなくて、ぽつりぽつりとしか進んでなかったのが、3月後半からまたいつも通り沢山本が読めてます。
本が読めると、とても嬉しい。

2日ほど前に読んだ本。
阿川弘之さん。すごい面白くて寝るのもおしんで読んでしまった。
カレーライスの唄

この本は1961年270回連載の新聞小説だそうです。ずっと前に読んだ阿川弘之さんの「ぽんこつ」も新聞小説だったなあ。それもすごく面白かった記憶。
阿川さん、やっぱりいいなあ。好きです。
生前一度だけお会いできたのに、オーラが凄すぎて話しかけられなかった。
でも、おハガキも頂いた。優しい方です。
また阿川さんの本読もう。

その前に読んだのが、辻山さんの「本屋、はじめました」

なんだか、すごくて。
すごいなあ、すごいなあ。
わたし、全然駄目だなあとちょっと落ち込んだりしながら(笑)読みました。
でも、自分のカタチを探していこう。。。

その前に読んだのが、吉田篤弘さんの「ブランケット・ブルーム」


吉田さんの新刊待っていたので、とても楽しみに読みました。吉田さんのせかいだなあ。

その前に読んだのが、安房直子さんの「白いおうむの森」前に、高橋和枝さんの挿絵の安房直子さんの本を読んでからはまりつつあります。
この本も素敵でしたよ。


その前に読んだのが、チムニクの「レクトロ物語」

チムニク好きなんですが、これもとてもとても好きな物語。たまらなかったなあ。
大好きです。レクトロ。

その少し前に幾つか読んだ本の中では又吉さんの「劇場」もとても好きでした。

ここのところ、「わ、好きだなあ」と思える本に出会えてて嬉しいです。
阿川弘之さんのカレーライスの唄の様に眠るのを惜しむほど読みたくなる本に出会えたり、ずっと大事にしたい、レクトロ物語のような本に出会えると、すごくすごく嬉しい。
やっぱり本を読むのは楽しいな。

忙しかったり、調子が悪かったり、落ち込みすぎると本がなかなか読めなかったりするけれど、でもやっぱり、読書にかえれる。

色んな気持ちにさせてくれる。
夢中になれる。

本がやっぱり好きです。

今、読み出したのは、尾崎翠さん。

尾崎翠さんは、初めて読みます。

また初めての人も読んでいきたいです。

読書熱!高まっています。
また皆さんも色々教えてくださいねー。
わたしもそろそろまた本屋さん行ってきます♪(´ε` )
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索