fc2ブログ
 

どこにでもあるケーキ

どこにでもあるケーキ

『どこにでもあるケーキ』
三角みづ紀詩集/ナナロク社

20200830115857e90.jpeg
ブログにも書いたつもりでいたのですが、まだだったかな。。
すみません。。

先日ナナロク社さんから三角さんの詩集の新刊が出まして、合わせてナナロク社さんの他の本や三角さんの既刊を少しずつ入荷しました。私が書くのが遅くなり、既刊のエッセイの方は出てしまったのですが。。
新刊の詩集、とても良いです。

私が三角さんの詩と初めて出会ったのは、2016年の年末。
ナナロク社さんから出ている『よいひかり』でした。
年始初めの1冊と思って選んだ本でした。
「ああ この本と出会ってよかったなぁ」と思ったのをすごく覚えています。
その頃は、自分の病気と向き合っていてつらい日々が多かった時だったのだけれど、
三角さんの詩は、私の中で程よい距離を感じて、その距離感の中で何かがすっと入ってくる言葉がそこにあったように思います。

『どこにでもあるケーキ』もまた、私には程よい距離があって、
べったりでもなく、冷たくもなく、ふっと心に余白を与えてくれる。

言葉と言葉の余白にふっと引っ張られ、自分がかつて13歳だったところへ引っ張られトリップしてしまう。ハッと我に返ると目の前には、また言葉があって。
戻ってくると胸が少しキュウっとなっていて。。
そんなことの繰り返しで、何回でも読んでしまう。

もしかしたら、13歳の私に戻ることのできるタイムマシーンかもしれない。

そんな風に感じながら読ませていただきました。

思春期のあの頃のかけがえのない時間。
輝いたり、苦しかったり。
入り混じった色々な気持ちがよみがえってくるような。

ゆっくりページをめくってみてください。

202008301159071c1.jpeg
三角みづ紀さんから感想のお返事。
直筆のお葉書いただきました。
うれしい。

コーナーに一緒に置かせて頂いています。

良かったらのぞいてみてくださいね。

スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索